イタリア楽描きessay

イタリア田舎暮らしあれこれ・80%オーガニック・ミニマリスト生活

Cetrioli sotto sale「胡瓜の塩漬け」

f:id:yluna:20180316173001j:plain

 

胡瓜の美味しい季節ではなくても

時々これを作る。

 

ただ切って塩もみをして

しばらく放置して

水分をぎゅっと絞りとる。

 

今使っているのは

ほんのりピンク色の

ヒマラヤの塩。

 

サンドイッチにするなら

しっかりと水分を取り除く。

 

そのまま食べたり

カナッペのように

パンやクラッカーにのせて

食べるときは一度絞れば充分。

 

ただしパーティー用に

事前に用意するときは

しっかりと水分を切る。

パンやクラッカーがふにゃっとなり

せっかくの歯ごたえが消えてしまう。

 

サンドイッチの場合

軽くマヨネーズを塗ると

油分がパンを守ってくれる。

 

朝昼晩いつでも

ちょっとお腹が空いたとき

その時の気分でアレンジ。

 

冷蔵庫で保存すれば

日持ちもする。

 

有能なアシスタントのように

さりげなく食卓をサポートしてくれる。

 

どうぞお試しを。

 

cetriolo/i(チェトリオーロ/リ)=きゅうり

sotto(ソット)=~の下に、~を用いて

sale(サーレ)=塩

 


こちらも更新しました。

yluna.hatenadiary.com