イタリア楽描きessay

イタリア田舎暮らしあれこれ・80%オーガニック・ミニマリスト生活

La borsa e le mascherine fatte a mano「手作りバッグとマスク」

f:id:yluna:20210202232425j:plain

La borsa di jeans e la mascherina fatte a mano.

Mi piace dare la nuova vita dai miei oggetti 

che si riposavano nell'armadio.

 

昨年作ったジーンズのリサイクルバッグ。

出番の少ないハンカチから作ったマスク。

内布もゴムも家にあったもの。

 

ジーパンは息子が履いていた。

擦り切れた個所をレースの端切れで

覆い隠して飾りにした。

 

あ、これはこんな風にしたら

よみがえると感じた時に

イメージ通りに形にする作業が好き。

 

新しい布を切って何かを作るより

リメイクの方が好き。

 

いったん役割を終えて

収納箱の中でひっそりと

出番を待っているメンバーに

再び息を吹きこむ。

 

見慣れた柄。

こなれた風合い。

年齢を重ねて渋くなった

ダンディな恋人のようでたまらない。

 

リサイクルショップの散策も好き。

どこかで誰かが使っていたものを

嫌がる人もいるけれど

想像力がかきたてられるから

宝探しのように楽しい。

 

これは一生ものにしようと

覚悟を決めて迎え入れなくても

なぜだかずっとそばに置いているもの。

 

そういう小物を観察すると

自分の趣味を第三者のように客観視できる。

 

新しいモノをどんどん作る

というやり方が

あまり好きではないんだなと

最近しみじみと自覚している。

 

販売価格を抑えるために

なるべく簡略かつ見栄えのする作り方を

やめることにした。

 

作るときは自分が納得するまでやる。

だから安易にほいほいと

注文を受けないことにした。

 

作りたくなったらまず

自分の好みにぴったりのものを作る。

それが欲しい人がいたら

喜んで旅に出す。

かわいい子には旅をさせろ。

 

でもね一番のお気に入りは

まず自分で使う。

私が最初のご意見番。

 

borsa/e(ボルサ/セ)=鞄、バッグ

mascherina/e(マスケリーナ/ネ)=マスク

 

こちらも更新しました。

yluna.hatenadiary.com