イタリア楽描きessay

イタリア田舎暮らしあれこれ・80%オーガニック・ミニマリスト生活

Epifania 「エピファニア」

f:id:yluna:20180107212123j:plain

あけましておめでとうございます。

 

1月6日はエピファニアという祝日。

クリスマス休暇最終日。

今年は土曜日だったので今日も休み。

明日から学校が始まる。

 

イタリアではエピファニアの前夜に

箒に乗ったベファナと呼ばれる魔女が

ご褒美ならお菓子やおもちゃを

戒めならば炭を靴下に入れて

クリスマスツリーの下や暖炉のそばに

そっと置いておく。

 

もちろんナターレ(クリスマス)には

サンタクロースがプレゼントを届けてくれる。

クリスマスが2回あるみたいで

この時期コドモ達は大はしゃぎ。

 

もともとエピファニアは

「救世主御公現」の祝日。

 

トレ・マージと呼ばれる

3人の東方の博士が

星の動きを読みながら

キリストのもとにたどり着いた日。

 

この三人の肌の色は白・黄・黒。

ヨーロッパ・アジア・アフリカ大陸の象徴。

 

キリストが地球上すべての異邦人に

自己を顕示したことを意味している。

 

12月8日の聖母マリアの祝日に

クリスマスの飾り付けをしてから

エピファニアまで約1か月間

あちこちでイルミネーションがきらめく。

 

飾りを箱に戻してしまっても

こころの中でキラキラと輝く光は

永遠に消えない。

 

Epifania(エピファニア)=1月6日・救世主御公現の祝日

Natale(ナターレ)=12月25日・クリスマス

befana(ベファナ)=醜い顔の魔女

tre magi(トレ・マージ)=東方の三博士