イタリア楽描きessay

イタリア田舎暮らしあれこれ・80%オーガニック・ミニマリスト生活

パスクワのチーズトルタ

f:id:yluna:20160328022729j:plain

 

 

幸運なことにお義母さんは

数少ない昔ながらの石窯でこの

イースターのチーズトルタを焼いている人物。

この田舎町でも片手で数える程度しかいない。

 

電熱オーブンや薪を使う金属窯でも

美味しく焼けるけれど

石窯で焼くとなぜか味が格別にいい。

 

しかも今年は古い陶器製の型を復活させて

見事に焼き上げてくれた。

 

ワタシはまだ、石窯の扱いも

生地作りも覚えていないひよっこ。

台所を片付けたり

石窯から焼きあがったトルタを運んだりする

手伝いしかできない。

 

残った生地で作る人型のビッチクータは

トルタより先に焼けるので

手伝いをしているコドモ達の

お楽しみのひとつ。

焼き立てあつあつがおやつ。

健康祈願も兼ねている。

 

石窯にトルタを入れて蓋を閉め

お義母さんは取り出し用の木のへらの先端で

3回十字を切る。

美味しく焼きあがることを祈願して。

 

こういう復活祭の細やか作業を

毎年見ることができるムスコ達はシアワセモノ。

同じ田舎町に住んでいても

合理性のみを求めて

昔ながらの作業を祖父母が

一切しない家はたくさんある。

 

私たちがこの石窯を使いこなせるかどうか

まだ、わからないけれど

祖母の手作業を見て味わって育った記憶は

きっとコドモ達を支える軸の栄養分になる。

 

Buona Pasqua!

(ブオナ パスクワ)

=ハッピーイースター!

 

イースター(復活祭)関連の記事はこちら。

yluna.hatenablog.com

yluna.hatenablog.com