読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリア楽描きessay

イタリア田舎暮らしあれこれ・80%オーガニック・ミニマリスト生活

絵を描くことについて

f:id:yluna:20160302073733j:plain

 

絵を描かない期間は

何か他の事をしているけれど

自分の一部が欠落したまま

そこから目をそらして

暮らしている感じがする。

 

アクリル絵の具を使い始めたのは

イタリアに来て4~5年経った頃。

発色の鮮やかさと使いやすさに惚れた。

 

水溶性で速乾性。

準備も片付けも簡単。

子供達がまだ乳幼児期だったから

さっと用意できてぱっと片付けられる

という機能性はありがたかった。

 

筆を持てなくなったのは、あの大震災の後。

 

大津波によって海の底から

自然分解されない

様々なものが混じったヘドロが

持ち上げられて陸に戻ってきた。

 

そんな話を聞いて

水に流して見えなくなるものでも

自然分解されないモノは

けして消えないのだ

と、強く強く再認識した。

 

それから長いこと絵が描けなかった。

 

エネルギーを取り戻すのに

ものすごい時間がかかった。

 

ワタシたちは生きているだけで

呼吸をし、排泄をする。

現代生活ではゴミもたくさんでる。

 

なるべく母なる大地と海に

迷惑をかけないよう心掛けて

生きていくしかない。

 

colori acrilici(コローリ アクリリチ)

=アクリル絵の具