読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリア楽描きessay

イタリア田舎暮らしあれこれ・80%オーガニック・ミニマリスト生活

Buger & Fry 「バーガー アンド フライ」

ペルージアの中心街から少し下った場所に 数年前開店したハンバーガーとフライの店。 アメリカのストリートフードの イメージと雰囲気を表現した店内。 ヴィンテージの家具や椅子も センス良く内装に使われている。 店の中央にガラス張りの厨房があり どんな…

Coppa del nonno 「コッパ デル ノンノ」

ジェラートの季節になると この逸話を思い出す。 イタリアではあちこちで見かける 「コッパデルノンノ」 という名のコーヒー味のアイス。 プラスチック製のカップに入っている ロングセラー商品。 とある水曜日 スーパーマーケットでの 商品陳列アルバイト後…

Fritto di carciofi e salvia 「カルチョーフィとセージの揚げ物」

この季節によく食卓に登場するメニュー。 カルチョーフィ(アーティチョーク)は 新鮮なものが実家の畑から届く。 硬い部分をわしわしと取り除き 半分または四つ切りにして レモン汁を加えた水につける。 レモンではなく酢でもOK。 空気に切り口が触れると …

Strozzapreti al pesto d'asparagi 「アスパラガスペーストのストロッツァプレーティ」

今年は通年よりも早い時期に 地元の豚祭り終了。 アスパラガスペーストを合えた ストロッツァプレーティという ひねり生パスタは昨年のメニュー。 とても気に入っていたのだが 今年はシェフが変わり メニューからなくなってしまった。 あちこちでよく聞く 「…

Baked cheese cake 「ベイクドチーズケーキ」

日本で暮らしている頃から 大好きだったチーズケーキ。 あちこちで美味しいチーズケーキを 気軽に食べることができたから 以前は作ってみようと思いもしなかった。 ペルージア近辺の店で チーズケーキを購入できるときもある。 でも、場所も限られているし …

Dolce di mela e birra 「りんごとビールのパウンドケーキ」

ほとんどお菓子を作らない母が 時折作るのがドライフルーツ入りの パウンドケーキだった。 私の記憶に染み付いた 「家で作るケーキ」は丸形ではなく長方形。 たっぷりバターを入れて作る しっとりケーキは 作りたてよりも一晩寝かせたほうが ぐっといい味に…

Bruschetta con radicchio 「ラディッキョのブルスケッタ」

もうラディッキョの季節は過ぎたけれど。 1年以上前に描いた絵を放置していたので さっさと掲載することにした。 我が家の定番になったホマレ姉さんのレシピ。 www.homarecipe.com ラディッキョがダンナの実家から届く冬は 週に何度も食べた。 手間がかから…

Tagliatelle con piselli freschi 「採りたてグリーンピースのタリアテッレ」

もう時期は過ぎてしまったけれど 毎年春に楽しめる一品がこれ。 お義父さん、お義母さんが育てた 収穫したてのグリーンピースが届くと さっと火を通してパスタに和える。 白ワインと少々の生ハムで 旨みを引き出して絡めた味が好き。 コドモ達が好きな組み合…

Pasta all'uovo fatta a mano 「卵入り手打ちパスタ」

地元の「豚祭り」メニューは一休み。 本日はお義母さんの技を見て学び 自分で作りやすい方法にアレンジした 卵入り手打ちパスタの作り方。 ワタシが使う材料は 卵・小麦粉・オリーブオイル。 粉100gにつき卵1個。 オリーブオイルは粉200gごとに大さじ1。 …

Fragole sotto limone 「苺のレモン・砂糖漬け」

我が町の「豚祭り」定番デザートはこれ。 苺を食べやすい大きさに切り たっぷりの砂糖とレモン汁に漬ける。 半日経てば、漬け汁は美しい赤になる。 日本の苺はそのままでも 甘くて美味しいから 砂糖漬けにするにはもったいないかも。 お祭りで販売するものに…

Stinco e bistecca di maiale 「豚の骨付きスネ肉とステーキ」

毎年4月下旬から5月はじめに開催される 「豚祭り」の定番メニュー5・6品目。 コドモの顔の大きさくらいの ごろんとした骨付きスネ肉は オーブンでじっくり焼きあげる。 ローズマリー風味のポテト付。 これを目当てに訪れる客が多い。 賄い食では食べられ…

Polenta con costicine e salsicce 「ソーセージとリブ入りトマトソースのせポレンタ」

地元「豚祭り」の定番メニュー4品目はこれ。 プリモ(1皿目)とセコンド(2皿目)が合体したウンブリア料理。 ポレンタはもともと北イタリア料理。 こちらのブログ記事がとてもわかりやすい。 tfortunati.exblog.jp 養豚産業が盛んな中部イタリア とくに…

Umbricelli alla contadina 「農家風ウンブリチェッリ」

「豚祭り」定番メニュー3つ目は うどんのように太いパスタ、ウンブリチェッリ。 日本ではなかなか手に入りにくい 珍しい部類のパスタ。 ブカティーニという中心に穴のあいた 太いスパゲッティのような 市販のパスタで代用可能。 手打ちうどんのように パス…

Penne alla norcina 「ノルチャ風ペンネ」

地元「豚祭り」の定番メニュー2つ目はこちら。 ノルチャは美味しいソーセージや生ハム、チーズで 名が知られているウンブリアの町。 ペルージア近辺とは少々異なる味付けの ソーセージやチーズが手に入るので ノルチャに行くときは 必ずお土産に何か美味し…

Tagliatelle primavera 「春のタリアテッレ」

5月8日に地元の「豚祭り」が終了。 10日間の濃くて楽しい日々だった。 養豚産業で有名なこの田舎町に たくさんの食いしん坊が集まる。 このタリアテッレは定番メニュー。 アスパラガスと粗びきソーセージ ミニトマトが入ったソースは濃厚で美味。 自宅で…

Merenda della scuola media 「中学校の朝のおやつ」

フェイスブック経由で訪問してくれる友人は イタリア人が多いので イラストとタイトルの仕様を変更。 言い切り型の文章を 自動翻訳してもさっぱりわからない と言われたので せめてタイトルはイタリア語併記で。 イラスト内のイタリア語は取るかもしれない。…

パイシートで作るミニコルネット

持ち寄りパーティーや自宅に大勢招くとき 即席アンティパスト(前菜)として これを作っている人がいた。 メインの料理に時間がかかるときや 準備時間が限られているときの お助けレシピとして活用している。 冷めてからも美味しいので あらかじめ準備して置…

ひとくちサンドイッチ

「たまごサンド」 あまり新鮮過ぎない卵を固ゆでし 粗熱をとったら 冷めないうちに殻をむき まるごとフォークでつぶす。 マヨネーズ・塩・胡椒を加え 細かく刻んだイタリアンパセリを混ぜる。 「ツナサンド」 ツナ缶の油を切り マヨネーズと胡椒を加え 細か…

ハンバーガー用のバンズ

ハンバーガー食べたい!と言われた 丁度その直後にリコさんのブログにて バンズのレシピ公開。 ricoberries.hatenablog.com 普段は買っていたバンズに挑戦。 チェダーチーズと黒コショウは抜きで。 いろいろ加えたパンは 我が家のオトコ達に なかなか受け入…

ビスケットセットのプレゼント

友達からのビスケットセットのプレゼント。 時期はクリスマスだったので リボンのところに流れ星の型と トナカイのキーホルダーがくっついていた。 クッキー・ビスケットを ちょくちょく手作りする人には とてもいいプレゼントだと思う。 手書きの作り方シー…

コーンブレッドとパウンドケーキ

イタリアのとうもろこし粉料理と言えばポレンタ。 黄色いさらさらの粉の感触は好きだけど パンもお菓子も作ったことがなかった。 リコさんのこれに挑戦。 ricoberries.hatenablog.com 材料を混ぜて焼くだけ。発酵なし。 素朴な歯触りとバターの風味がいい。 …

釜玉そうめん

trick-specさんのお題に投稿した tojikojiさんのレシピに挑戦。 www.trick-spec.com 生卵を食べる習慣がないイタリア生活で こういう食べ方を すっかり忘れていた。 せっかく産みたてほやほやの卵が 毎日手に入るというのに。 日本から届いた 貴重なそうめん…

牛肉のタリアータ

ルッコラを完全拒否していた長男が これを「ルッコラ祭り」で味見してから ぱくぱく食べるようになった。 下味には塩麹を使用。 これは我が家の方法で オリジナルレシピではない。 1時間以上待ってからの方が旨みが引き出される。 熱したフライパンにオリー…

ツナポテトサラダ

万人救済系料理ブログ ホマレ姉さんのこちらのレシピを参考に 久しぶりにポテトサラダを食卓へ。 www.homarecipe.com 我が家には電子レンジがないので ジャガイモをゆでて。 蒸かして作ればホクホク感が生きるけど スピード勝負の夕食時だったので。 その分…

オーガニックピーナッツ

ナッツ類大好き! カシューナッツが一番好きだけど よく購入するのはピーナッツ。 殻をむいて食べる その作業がいい。 美しい殻の模様も大好き。 小学生の頃、図画の課題で 落花生の殻をモチーフにした絵を描いた。 自然が生み出す均整は どれだけ観察しても…

タイムとマジョラム

テラスに常備しているハーブはタイム。 何か一味足りないとき そのまま小枝ごと または刻んで投入。 マジョラムはあまり香りがない と思っていたけど そのままかじってみたら 結構しっかり主張する香りが感じられた。 もうしばらくしたら 毎年たっぷり使うバ…

ビスケットとラスクの保存方法

ダンナは糖尿病のため 食べられる枚数が決まっている。 コドモ達は好きなものだけ食べすぎるので 小皿に入れることもある。 朝、この缶を開けて どれを食べようかわくわくする時間が好き。 「迷うことは無駄」 と言う人もいるけど 「楽しい迷い」は適度にあ…

鮭の煮こごりの麺つゆ

trick-specさんの お題「お気に入りのそうめんの食べ方」 我が家の場合はこれ。 イタリアでそうめんを食べられる機会が 年間で片手で数える程度なので 普通にシンプルに。 ただし、鮭の頭をもらった時は格別。 大きな店では売っている頭。 いつも利用してい…

パスクワの焼き菓子

イタリアのど真ん中、ウンブリア地方の イースターの焼き菓子、チャラミーコラ。 お義母さんはチーズトルタ同様 このケーキを石窯で焼く。 yluna.hatenablog.com 生地が焼きあがったら 卵白にレモン汁、たっぷりの砂糖を入れて きめ細かく泡立て、コーティン…

パスクワのチーズトルタ

幸運なことにお義母さんは 数少ない昔ながらの石窯でこの イースターのチーズトルタを焼いている人物。 この田舎町でも片手で数える程度しかいない。 電熱オーブンや薪を使う金属窯でも 美味しく焼けるけれど 石窯で焼くとなぜか味が格別にいい。 しかも今年…

バゲットの黒糖ラスク

オリジナルレシピは「オレンジページ」より。 オーブンシートを敷いて 電子レンジ(1分~1分30秒)で乾燥させる という表記だったが 我が家では自然乾燥。 バゲットがあまったら 切って平たいザルに並べ数日間放置。 天気がいいときはテラスで乾燥させる…

味付きあらびきパン粉

この味付きパン粉はオーブンで焼く 魚料理に使っていた。 特にムール貝のオーブン焼きは 家族全員の大好物なので 新鮮なムール貝が手に入ったら作る。 ある日ダンナがこれを作りすぎて冷蔵庫で保存。 その週、サラダや肉料理の味付けに使ってみたら 食わず嫌…

生しぼりオレンジジュース

つぶつぶの実が少し入っているくらいの のど越しが好きだけど コドモ達には不評。 茶こしでなめらかにしたら 2人ともごくごく飲むようになった。 ジューサーが欲しいと 一時期思っていたけれど 他の果物は直接食べるのが好きなので 基本的にオレンジしか絞ら…

自家製ポップコーン

スカイ・チネマというサービスを利用しているので 外出しない土曜日の夜のお楽しみは 自宅で映画鑑賞。 大きな鍋いっぱいにポップコーンを作って この日だけは夜更かしOK。 トウモロコシがぱんぱんはじける様子が 目で見えるように いつもガラスのふたを使う…

みかんの皮のむき方

もう日中は春の気配でいっぱいだけど 暦のうえでまだ冬なので「みかん」の話題を。 みかんが美味しくなると ああ、冬が来たなあと思い まずくなり始めると もうすぐ春だなあ、と思う。 皮をむくとき 親指のつめにみかんの皮が入り込み ちょっと痛いのが嫌い…

パーム油フリービスケット

普通に買い物をして 何も考えずに食べていると 知らずにいろんなものを口にしているんだなと つくづく思う今日この頃。 例えばakitsunさんのこの記事。 nynaturallife.hatenablog.com この甘味料もあちこちで使われていて 使用していない商品を見つけると お…

イースターのたまごチョコ

毎年この時期に店やバールで見かける でっかい卵チョコ。 多い年には、家に10個ぐらい集まって チョコレートの処理に困るくらいだった。 料理上手な友達にあげると 美味しいブラウニーになって戻ってきたので それはそれで楽しみだったな。 コドモの成長に伴…

かぶの塩漬け

かぶだけでなく ラディッシュやきゅうりでも 塩漬けはよく作る。 新鮮なものが手に入ったら ザクザク切って袋にいれて 塩をまぶして軽くもみ 冷蔵庫に放置するだけ。 ちょっとお腹が空いたときや こってり料理の口直しとして重宝する。 葉の部分はみそ汁や炒…

全粒粉のピザ

全粒粉は精白された小麦粉より どっしりしているので 挑戦し始めた頃は 寝かせる時間の加減もわからず 我が家のオトコ達からダメ出しばかり。 全粒粉・精白粉、半々で作れば 普通のレシピ通りにちゃんと出来上がる。 ホームベーカリーでの作り方はこちら。 c…

全粒パスタのカルボナーラ

Spaghetti alla carbonara. スパゲッティ・アッラ・カルボナーラ。 卵の黄色い部分だけを使うと 本格的な味になるけれど 卵白を混ぜても美味しく仕上がる。 すぐにホットケーキやハンバーグに 卵白を活用しないときは分けないで 全部混ぜてしまう。 作り方は…

玉ねぎとにんじんのスープ

トリノ旅行のお土産に なぜかタラゴンというハーブを選び 料理上手の友達にあげたら このレシピを教えてくれた。 玉ねぎとにんじんは 日持ちする野菜だから たいていキッチンにある。 だからいつでも作れる。 こんなにシンプルな作り方なのに 驚くほど美味し…

ルッコラとサバのサラダ

今日は軽いものだけでいいやと 思うときに自分用に作るサラダ。 ルッコラは初夏から秋まで ダンナの実家の畑にある。 お義母さんが毎年、畑の一角に ブワーッと種を蒔き 好きな時に好きなだけ 収穫していいよ、と言ってくれる。 季節はずれのこの時期は 市場…

リゾット・ミラネーゼ

今晩の夕食、サフランのリゾット。 2年前までは長男が食べなかったので 彼だけ別メニューだったけど 今は全員食べるから楽になった。 使用するコメはオーガニック半玄米。 玄米はリゾットに向かない。 サフランの風味を壊さないように ブロード(スープ)は野…

スカモルツァ

scamorza(スカモルツァ)は アブルッツォ、カンパーニャ地方のチーズ。 スモークしたものは 香ばしい匂いがたまらない。 ワインはもちろんビールともよく合う。 薄く切って熱を加えると これまたぐっとくる美味しさ。 パンに乗せてオーブンで溶かし その上に…

スペシャルサンドイッチ

「パンに具をたくさん挟んで食べる」 という習慣がダンナにはなかった。 一人分のサンドイッチを作って 一人で食べていたら 子供達が真似を始めた。 野菜・肉・卵・チーズ入りの ボリュームたっぷりサンドイッチを 試しに作ってみたら 家族全員、大満足。 今…

インフルエンザの予防と対策

生姜入りマーマレードと 乾燥生姜を使い始めてから 喉・鼻をやられるインフルエンザにかからなくなった。 かかっても症状が軽く、すぐに回復する。 生のショウガをすりおろす手間を省くことで ほぼ毎日生姜紅茶を 飲むようになったから。 ロシアンティーの要…

トマト煮込みハンバーグ

なぜかsvizzera(ズヴィッツェラ)=スイス と呼ばれているハンバーグ。 あまり空気を抜かないで、 さらにパルミッジャーノとバターが溶けた その穴にトマト味がしっかり入り込み 何ともいえない美味しさ! トマトソースにもうまみが染み込むので パスタのソー…

ラディッキョのラザニア

ラザニアの生地は市販のものでも 充分美味しく出来上がるけど やっぱり手打ちにはかなわない。 作り方はこちら。 cookpad.com 基本的なラザニアの作り方。 cookpad.com ラグー(ミートソース)の部分の野菜を ラディッキョと玉ねぎにすればOK。 トマトを加えな…

エスプレッソコーヒー

以前のイラストブログより転載。 今は、牛乳を飲んでいません。 代わりに米から作られた飲み物 Riso Scotti - ChiccoLat Riso を愛飲中。 他のメーカーや豆乳を試したけど 今のところこれが一番のお気に入り。 ダンナは毎食後、必ずエスプレッソ。 食間にも…

マッシュポテトローズマリー風味

こんなに簡単なのに 感動ものの美味しさ。 つまみにしてもいいし 主食にもなる。 野菜はなるべく皮つきで。 生ごみも減って、 体にいいなら一石二鳥。 オリーブオイルににんにくと ローズマリーの香りがついたら 取り出してもOK。 色味がないので ワタシはロ…